母親のコーヒーに漂白剤を入れた中3男子の動機に唖然

powder-382250_640

最近のニュースを見ていると、
日本も日に日に物騒になってきているなと実感しますね。

中でも本日一番驚いたニュースが、
母親に漂白剤入りのコーヒーを飲ませて殺害しようとした
中学3年生の息子が逮捕された事件です。

飲み物に漂白剤を入れるとか、
ネタとしてなら聞いたことがありますけど
実際にやって事件化するなんてほとんど知りません。

しかも私がこの事件で驚かされたのは、
この男子生徒の動機なんです。

なんというか、短絡的すぎて嫌になります。

報道された事件内容

まずはこの事件について、
報道内容を元に簡単に説明します。

事件が起こったのは9月23日の昼だそうです。

冷蔵庫の中にあったアイスコーヒーのパックに
台所用漂白剤を混入して母親を殺そうとしたとのこと。

実際に母親が9月25日夜にこれを飲み、
嘔吐や痙攣といった症状が出たそうです。

随分前の話のようですが、
殺人未遂事件として息子が逮捕されたのは
11月4日になってからですね。

1ヶ月近くも逮捕されなかったわけですから、
その間は何事もなかったかのように過ごしていたのでしょう

自分が殺そうとした母親の顔を見ながら
どういう気持で生活していたのか気になりますね

普通の神経だったらしんどいと思いますけど……

ちなみに、事件が起こったのは東京都板橋区で、
犯人の男子中学生はまだ14歳だったそうです。

母親もまだ30代で、
家族は両親とこの息子の3人だったとか。

つまり一人っ子だったわけですね。

殺人未遂の動機は?

この息子が殺人未遂を起こした動機ですが、
「母親が口うるさくて嫌いだったから」
というものでした。

最初は児童虐待でもあったのかと思ったのですが、
どうもこの犯人のほうがろくでなしっぽいです。

というのも、この犯人は過去に万引きをしていたらしく、
そのことで何度も母親に責められたのが
殺人の動機だったそうです。

完全に自業自得じゃないですか。

万引きなんて言っても、要するに窃盗ですよ。

それを責められるなんて当たり前の話であり、
そんなことで逆ギレして母親を殺そうとするなんて
あまりにも馬鹿げていますね。

そもそも本当に過去の犯罪を反省しているのであれば、
殺人を犯そうなんて思うはずがありません

甘ったれ過ぎじゃないでしょうか。

まあ、母親が「ずっと蒸し返して責め」ていた
という証言が本当であれば、
少年犯罪者の校正という面では
たしかに母親にも落ち度はあるかもしれません。

しかしそれは殺されるような落ち度ではありません。

むしろ私としては、
本当に母親が息子を過剰なまでに責めていたのか
疑わしいとさえ考えています。

感想

こういう事件があると、
子どもの教育失敗って恐ろしいなと思います。

躾に失敗したら自分の生命まで脅かされるのですから、
これはきついですよね。

まあ、私は結婚できそうにないので、
全く関係ない話ですけどねw

【関連記事】
16歳娘を自宅に監禁し暴行!逮捕された両親の動機が謎すぎ!