【購入本】坂井栄八郎『ドイツ歴史の旅』朝日選書

先日、ブックオフの100円コーナーを久しぶりに物色していたところ、こちらの本を発見しました。かなり状態が良かったので、とりあえず購入しました。

・坂井栄八郎『ドイツ歴史の旅』、朝日選書、朝日新聞社、1986年

本書の著者である坂井栄八郎先生は、ドイツ史を研究する歴史学者で東大名誉教授です。実は、大学で刑法を学んでいた関係からドイツ史には以前から興味を持っており、その流れでこの方の著作も何冊か拝読していました。まあ、ガチガチのドイツ史に関する専門書よりも、一般向けのトピックごとにわかれたエッセイのような著作だけですが。

下記の本は、私が拝読した比較的入手しやすいドイツ史の入門書とでもいうべきものです。

・同『ドイツ史10講』、岩波新書、岩波書店、2003年
・同『ドイツの歴史百話』、刀水書房、2012年

いずれも特に予備知識なく読むことができます。もちろん、通史的な知識があった方が面白く読めることは確かですが、無くても雰囲気をつかみやすいエッセイ風のスタイルだと思います。

そして本書も、ドイツの歴史に関するエッセイ風の読み物といった印象です。やや古い本ですし、当時とは状況も異なっており(東西ドイツが統一される前に出版されています)、しかも私が既に読んだ上記の本とトピックが一部重複しているので少し悩んだのですが、それぞれの本が新規に描き下ろされているのだからトピックの重複は問題ないと判断しました。むしろ同じトピックを異なる文章で読めるのですから、その部分について理解が深まっていいくらいだろうと思います。

むしろ私が気になったのは、本書がバーゲンブックとして新品が比較的安く購入できることです。バーゲンブックの値段設定までは覚えていなかったので、どうせなら新品を購入したほうがいいのではないかと悩んだのです。

しかし、バーゲンブックだとしても100円より安くはならないだろうこと。そして古書とはいえ状態も良かったことが決め手となり、購入に踏み切りました。結果的に、Amazonよりもお得に購入できたので大満足。

ちなみに、このブログでもドイツ関連の話題は何度か取り上げています。たとえば、こちらのエントリーでは、上でも触れた『ドイツ史10講』の簡単な感想を書いていたりします。

⇒ ドイツ関連の新書

ドイツの歴史をテーマにした入門的な本は他にも多々あるので、今後も折にふれて紹介していきたいです。歴史学者の本だけじゃなく、旅行作家の紀行本も参考になる情報が満載で面白いですよ。

【購入検討本】菅野 仁『ジンメル・つながりの哲学』NHKブックス

先日、近所の古本屋を回っていたところ、こちらの本が300円で販売されていました。

・菅野 仁『ジンメル・つながりの哲学』NHKブックス、NHK出版、2003年

状態は並み程度ですが、300円は比較的安いです。それというのも、Amazonのマーケットプレイスの最低価格が現時点で441円(2014/8/19現在)だからです。

もちろんマーケットプレイスで転売しても手数料などで利益が出ない程度の違いなのですが、それでも普通に入手するよりも安いのは魅力的です。

NHKブックスは個人的に好きなレーベルで、新書感覚で割と所有しているのですが、この本はまだ持ってなかったんですよね。テーマもジンメルですし、興味があります。社会学そのものにも興味を持っているのですが、歴史的文化的な意味でも知っておく価値のある思想家ではないかと思うんですよね。

ジンメルといえば、現代思想の冒険者たちシリーズにも収録されているので、そちらの巻も欲しかったんですけど、マーケットプレイスの価格が落ち着くまで待っているところです。こちらの古書店にあれば嬉しかったのですが、さすがにそれは置いてませんでした。まあそれはともかく……。

価格的には普通に購入するのもありなのですが、案外ブックオフにいけば100円で売っているのではないかという疑惑も捨て切れません。たかが200円ですがされど200円です。他に100円の本が2冊も買えてしまう可能性があるならば、ここは市内のブックオフ店舗とブックオフオンラインもチェックしてみる必要がありそうです。

というわけで、さっそくブックオフオンラインをチェックしてみたのですが、在庫こそあったものの598円で販売されていました。全然安くないですね。ちょっと失望してしまいました。これだけ価格の差があると、素直に300円で購入したほうが良さそうな気がします。

また、市内のブックオフ店舗を全部回ってみましたが、この本は他に売っていませんでした。まあ、うちの市内ってこういう学術系の本がほとんど出回っていないみたいなんですよね。まともな大学が市内にないことの弊害なのでしょうか。教養ある人が少ない印象なんですね。そもそもそういう人はブックオフに本を売らない可能性もありますがw

ともかく、値段の割に悪くなさそうだったので、結局は最初の古本屋で『ジンメル つながりの哲学』を購入しました。今は優先順位の高い本が他にあるので、落ち着いたら読んでみようと思います。

法学の事実認定や証明論で今気になっている本

個人的に今欲しい本をいくつか挙げて、コメントを書いておきます。特に私以外の人に意味があるとも思えないメモ帳代わりの記事ですが、何か事実関係に誤りがあるかもしれませんので注意しておいてください。

法学者は、他の学問分野に対して関心を持たず自己の狭い専門領域に閉じこもる傾向があります。いわゆる「理系」なるものに関わる学問を徹底的に忌避する傾向にあるのか、他の社会科学との関わりも薄い状況です。まあ、私が知っているのは刑法学という狭い分野の実情だけなので、これを法学者全体にまで一般化するのは危険なことかもしれません。とはいえこれは私の率直な感想であり、少なくとも刑法学者はあまりゲーム理論やベイズの定理などを考慮しない、というか知らないように思います。

もちろん学習の時間的制約がある以上は、他の分野にまで常に眼を配れとはいえません。しかし、有効な分析ツールであるはずの他分野からのアプローチを徹底的に忌避するのはいかがなものでしょうか。

今の時代日本語で読める啓蒙書や入門書は非常に多く、新たなアプローチのために学習する時間が皆無だとはとても思えないのです。

まあ、自分の学問分野の最新動向を把握するだけでも一苦労なのかもしれません。大学での業務もあるので若いうちはともかく年齢が上がってくると大変なのかもしれません。そのあたりは私がまだ若いのでよくわかりません。しかしそれなら少なくとも若手のうちは、他の学問分野にも眼を配ることを奨励するべきではないでしょうか。今現在、そのようなアプローチは、正攻法で業績を挙げられない能力の低い人間の苦し紛れの研究だと思われているように見受けられます。実際のところ、他分野を顧みない「正攻法」アプローチによって大きな成果が出ることなどあまりないのですが、そういうところは無視されています。このような状況はあまり健全ではありません。

こういう問題意識を常々持っていたところ、Amazonでこちらの本が目に止まりました。

●太田勝造『裁判における証明論の基礎―事実認定と証明責任のベイズ論的再構成』、弘文堂、1982年

正直なところ事実認定そのものに対する興味は薄いのですが、法学の分野でベイズの定理を利用した研究を見ることなど殆どなかったので、内容がとても気になります。出版されたのが1982年とのことなので割と古いものですが、逆にその当時から研究の蓄積が増えていないことの方がショックかもしれません。最近はベイズの定理への注目が高まっていて、関連書籍の出版も増えているというのに……。

てか、調べてみたらこの本は修士論文を刊行したものなんですね。当時絶賛されたらしいのですが、その方向で追いかけてくる人はいなかったのでしょうか……。

同じく太田先生の本ではこちらも気になります。

●太田勝造『法律 (社会科学の理論とモデル) 』、東京大学出版会、2000年

「社会科学の理論とモデル」シリーズの1冊です。ゲーム理論やベイズ意思決定論を利用した研究で、法学分野でこういう本は非常に珍しいです。アマゾンのレビューでは、著者が東大法学部で異端であることが触れられていますけど、やっぱりそうなんですね……。

藤原聖子『世界の教科書でよむ〈宗教〉』読書感想

藤原聖子『世界の教科書でよむ〈宗教〉』という本を読みました。

ちくまプリマー新書から出ている宗教理解の入門書です。学問としての宗教学の本ではありません。現実に外国で宗教がどのように教えられているのかを、その国の宗教の教科書を通じて見ていくというコンセプトですね。

最近は教科書から世界各国を読み解くコンセプトの本も増えてきた印象ですが、本書は比較的最初の方に出版されたものではないでしょうか(正確には調べていないので、記憶違いなどがありましたら申し訳ございません)。

「藤原聖子『世界の教科書でよむ〈宗教〉』読書感想」の続きを読む…

【要約】鹿島茂『成功する読書日記』(文藝春秋)

更新が途絶えがちになるブログをどうにかするために、読書日記の作成法を求めて図書館で借りて読んでみた。すると思いの外良いことが書いてあった。この方法ならうまくいくかもしれないので、試しにやってみる。

【以下要約】

備忘録代わりにつけはじめた、タイトルや著者名程度の読書日記であっても、やっているうちに必ず「コレクター感情」が湧いてくる。量がたまってくると、読書量が少ないジャンルの本を優先して読んだりするなどの「体系化への志向」が出てくる。すると、ただ読み散らかすだけの読書とは違った喜びが得られる。

また、体系化によって批評眼も養われるなど、実益としても大きい。たとえば同ジャンルのものを沢山読むと、作品間の類似と差異がはっきりと理解できるようになり、各作品の長所やジャンル内の位置づけなどが明瞭になる。

さらに量が増えてくると読書ジャンルも不可避的に広がってくる。すると、ジャンル間の比較のような作業もできるようになり、ひいては「小説」や「文学」一般を論じることができるようになる。

これは文学に対するボトムアップ型のアプローチともいえる。つまり、学校で学ぶような抽象的な文学理論を学んでから個々の作品を読むようなトップダウン型アプローチではなく、具体的な作品から抽象化していくというアプローチ。

量が質に転換するということ。著者の言う「質量転換の法則」。

ただし、これは漫然と読書するだけでは機能せず、「量」を意識した読書をしなければならない。「量」を意識して初めて「質」が意識にのぼる。そして読書日記は、この「量」を意識させることが重要な効果

したがって、読書日記は「量」をつけられる=継続できる程度の情報だけを記録する。最初は日時、タイトル、著者位で良い。「量」がたまってくるともっと書きたくなる。重要なのは後で簡単に調べられるような客観的な情報よりも、その本と出会ったときの情報(遭遇時情報)のようなな主観的なもの。特に金額はあとで振り返った時に役に立つ。

本の内容についても書きたくなったとして、それが「量」の妨げにならないように注意する必要がある。たとえば5段階評価など、すぐにつけられる点数を書いておくなど。その上でさらに理由などを書きたいなら、二、三行でメモすればいい。

著者的には、この段階で感想を書くより、読んだ文章を引用しておく方をおすすめしている。引用する箇所は自分で選べばいい。「引用をすれば、その作者の文体、癖、思想など、ほとんどのものがわかります。」

さらに引用すれば文章の上手い下手がわかるようになる。

引用を続けると、その読書日記がアンソロジーになってる。これは良い勉強法になる。

引用に慣れたら、引用だけでその本のエッセンスがわかるような要約(レジュメ)を作る。正確に理解しないと要約のための的確な引用ができないので、この修業は役に立つ。

これに習熟してから初めて自分の言葉で言い換える、コント・ランデュという作業をやる。この作業は引用中の言葉を使ってはいけないので、語彙の強化や理解力の向上に繋がる。

こうしたレジュメやコント・ランデュ作成の修行を行って理解力を向上させてからじゃないと批評を行うべきではない。正確な理解のないまま批評しても無意味だから。

R.クリューガー『確率革命―社会認識と確率』が欲しい

個人的に最近欲しい本や関連する本について、メモ代わりとしてここに書いておく。メモ代わりなので表記もめちゃくちゃ適当だし、リンクもないけど、まあいつものことです。

・R.クリューガー『確率革命―社会認識と確率』(梓出版社)

この本、1991年の出版で当時の価格が3568円。これが今Amazonのマケプレだと1万円を超える価格になっている。さすがに趣味の本でこの価格では買えない。

※現在、マケプレでの出品が無くなってるので入手すらできない。

もともとこの本に興味をもったのは、下記の本で参考文献として頻繁に引用されていたから。ハッキングも寄稿していたんじゃなかっただろうか。

・イアン・ハッキング『偶然を飼いならす』(木鐸社)

私は元々は確率と決定論の関係が気になっていた。

また、科学史や英語圏の科学哲学にも興味を持っていた。その延長でハッキングの本を読んだところ思いの外面白かったことので、本書を購入した。

特に最近フーコーの考古学的手法に興味を持っていたので、ハッキングの本は応用例としてドンピシャだった。イアン・ハッキングは分析哲学系の訓練を受けている哲学者だからなのか、フーコーの文章よりも読みやすいし、議論も明晰で素晴らしい。

また、ハッキングの本を読むのであれば、彼自身が自らの仕事を折に触れて振り返っているので、それらを読むのも非常に有益だと思う。

最近重版されて店頭に出回るようになった下記の本は必読だろう。

・同『何が社会的に構成されるのか?』(岩波書店)

この本は抄訳なので、完訳版をぜひ出して欲しいと思う。少なくとも私は購入するし、本書が抄訳であることを批判していた多くの読者も改めて購入するだろうに。

『何が社会的に構成されるのか?』を読むなら、同様に岩波書店から出版されている下記の本も読むべきだ。彼が自分の仕事を振り返って定式化しなおした本なので。

・同『知の歴史学』(岩波書店)

2012年に出版された528ページの大著だけど、論文集なので読みやすい。各章は密接に関連しているので、既に紹介した彼の他の本を読んでいると議論の見通しが良くなる。

そういえば、『偶然を飼いならす』の前に確率論を扱った本として次のものがある。

・同『確率の出現』(慶應義塾大学出版会)

これはハッキングの出世作らしい。2006年に出た2nd ed.の邦訳とのこと。

※先日購入した。まだ読んでないけどw

松本曜『認知意味論』他[書評]

これを書評と呼ぶのは微妙だけど、まあ読書メモのようなものだと思って欲しい。自分用のメモ。

・松本曜『認知意味論(シリーズ認知言語学入門 第3巻)』(大修館書店)
認知意味論の一つ一つの理論を丁寧に解説してくれている。記述もわかりやすいので予備知識がない人でも理解できるだろう。というか、実際に私が予備知識のない人間だったので、かなり参考になった。日本語で認知意味論について標準的なまとまった記述のある本は少ないように思うので(もっとも、私の探し方が悪い可能性も十分にあるが)、本書にはとても助けられた。

・阿部謹也『自分のなかに歴史をよむ』(ちくま文庫)
阿部謹也先生の自伝にプラスして、西洋中世史の勘所のようなものを説明している。西洋中世史を、大宇宙と小宇宙という二つの宇宙観の関係から鮮やかに読み解いていて面白い。この視点が面白かったら他の著書に進むのが良さそう。著者の自伝的な部分も面白い。自分の体験が学問に反映されているのがよくわかる。
入門的な本なのか予備知識がなくても結構とっつきやすいのではないだろうか。

・オリヴァー・サックス『火星の人類学者』(ハヤカワ文庫 NF)
人間とは何かという問題に直接関わってくる。さらに、刑法などの法的責任判断において重要な意味を持つ「人格」概念についても、有益な示唆を与えてくれるように思う。特に、火星の人類学者で述べられているのは、行動面では禁止などの法的ルールによって制御されうるが、しかし他者への心などを理解できず苦しんでいる人間の姿だからだ。刑法の目的や機能を論ずる際に、こういった人間の本質についての事実に即した理解が必要なのではないか。
人間の認知についての興味深い事例を読もうと思い、軽い気持ちで手にとった本書だが、その内容は非常に深い。万人が読むべき良書だと思う。

小平邦彦『怠け数学者の記』他 読書感想

メモ帳の整理をしていたら、2年以上前に読んだ本の感想が出てきた。どうやら感想を適当にメモして後で肉付けしようと思っていたのに、そのまま忘れていたらしい。 現在ではこれを肉付けするつもりもないので、せっかくだしこのまま掲載してみる。

まあ、個人的な読書メモなので、誰の役にも立たないだろうけど、それでいいよね。

・小平邦彦『怠け数学者の記』(岩波現代文庫)
日本人で初めてフィールズ賞を獲得した世界的数学者が、色々なところに発表した文章をまとめたものです。数学についての独自の理解や、戦後数学教育についての批判と実践的な提言、戦後間もない時期のアメリカでの研究生活について報告する手紙など、かなりバラエティに富んだ内容です。

・小平邦彦『ボクは算数しか出来なかった』(岩波現代文庫)
こちらは主に、小平博士の幼少時からの回顧録となっています。『怠け数学者の記』との重複も多々ありますが、そちらには掲載されていないエピソードも含まれているので、一読の価値があります。

・遠山美都男『白村江 古代東アジア対戦の謎』(講談社現代新書)
白村江の戦いに至る唐・百済・新羅・倭国の前史から解説することで、この戦いの全体像を描き出した本。
前史から語ることで、倭国の敗因やその後の状況についても一貫した説明がなされている。通説的な見解をあえて退けるだけの説得力があるように思われた。
しかし、このように白村江の戦いの位置づけが変わってくると、個人的に高く評価している『アマテラスの誕生』の論旨にも、いくらか影響が出てきそう(まあ、本書の方が出版年は圧倒的に早いんだけどさw)。そういうことを考えるだけでも面白い。

・増田四郎『大学でいかに学ぶか』(講談社現代新書)
学問する人間にとっては有益なアドバイスで溢れている。
しかし70年代に出版された新書の内容がいまだに妥当しているというのは、結局著者の主張の重要さを社会が真摯に受け止めなかったということでもあるので、微妙な気持ちになりますな。

土屋賢二『哲学者にならない方法』 読書感想

土屋賢二『哲学者にならない方法』(東京書籍)を読んだが、相変わらず語り口が最高に面白い。ツチヤ教授のエッセイは立ち読みでつまみ食い的に読んで済ませていたんだけど、毎回笑いを堪えるのが大変だった。まあ、だったら買えよって話だけど、数少ない哲学的な著作は持ってるので勘弁してもらいたい。

というか、この哲学書よりもエッセイの数のほうが多いような方が、なぜ哲学を始めたのかということに前々から興味があったので、この自伝的エッセイは非常に興味深く読めた。学生時代の寮生活の凄まじさとか、時代は違えど共感できる部分もかなりある。大学生になって、自己責任で何をしてもよくなったときの衝撃といったらなかったわ。

まあ管理人の自分語りはともかく、ツチヤ教授が音楽やミステリやドストエフスキーについて自分が感動した理由をひたすら分析するくだりをみて、やっぱりこういう執拗な追求ができる人こそ研究者にふさわしいよなと感心した。

印象深かった部分を引用。

「わたしが販売員の口上やミステリやマジックを好むのは、自分が想像する以上の可能性があることを知らされたときの驚きと快感のためだ。自分の限界を思い知らされるのがなぜそんなに嬉しいのかと言われるかもしれないが、この世界に自分の考えが及ばない未知の可能性が隠れていることほど心躍ることはない。思いもよらぬ可能性が隠れていればイルほど、また、隠れている可能性が想像を絶するものであればあるほど、この先、どんな可能性が待ち受けているのかと胸がときめくではないか。」

「どんな学問も、謎を解明しようとする。なぜ謎だと思うのか。それはどんな可能性を考えても説明できないと思うからだ。長年の研究の末に、自分が見逃していた可能性がこの世界に成り立っていることに気づくと、飛び上がるほどの喜びを味わうことができる。この喜びは、販売員の口上やマジックやミステリから得られる快感と同じものだ。だから学術書を読んでも、これらと同じ快感を味わうことがある。」

こういったツチヤ教授の考えには全力で賛同する。今の自分の想像限界を超えた可能性ほど素晴らしい物はない。未知に対する好奇心こそ何よりも尊重すべきことだと思う。そしてこれを満たせるのなら、ミステリーだろうと学術書だろうと本質的に差異はないと思う。言い換えれば、一流の学術書や論文は一流のエンターテイメント作品に勝るとも劣らないほど面白いのだ。

哲学者にならない方法

【哲学関連記事】

>> 富田恭彦のバークリーに対する批判【哲学読書メモ】