シーア派 台頭するイスラーム少数派

『シーア派 台頭するイスラーム少数派』(桜井 啓子)を読了。
中公新書の中の1冊で発売日は2006年10月。

シーア派―台頭するイスラーム少数派 (中公新書)
シーア派―台頭するイスラーム少数派 (中公新書)

イラクやイランなどの中東情勢を考えるのにイスラム教への理解は欠かせない。

その中でシーア派はイスラム教の中でも少数派と言われているが、
テロリズムとの関係で報道されることもあれば
イラク国内情勢を語るために言及されることもあるなど、
その存在感はかなりのものだ。

だがその反面、シーア派はいかなる点で多数派と異なっているのか、
過激派的なイメージがついているのはなぜなのか、
少数派がなぜここまで存在感を持っているのかなどなど、
日本においてその実情は余り知られていない。

本書は、ムハンマドの時代からわかりやすく歴史を追っていくことで、
これらの疑問について一定の見通しを与えてくれる。

丁寧に歴史を追っているので、予備知識がなくてもすんなり理解できるし、
世界史的な出来事との関連も自然と頭に入ってくる。

シーア派とスンニ派の緊張関係からイスラム教の歴史が見えてきたり、
今日の世界情勢にそのまま影響が残されていたりと、
歴史を知ることが現代世界を理解する有益な手段であることが実感できる良書だ。

>>シーア派―台頭するイスラーム少数派 (中公新書)

追記

2015年現在、中東地域をイスラム国が席巻している。世界中がその動向に注意を払っている。

こうしたイスラム過激派組織を真摯なイスラム教の主流派組織と同一視することはできないが、それでもイスラム教内部の動きを知っておく必要性が10年前よりずっと増していることは疑いない。

本書はその意味で、必読書に指定していいものだと思う。

他に宗教関係で読んでおくべき新書としては、こちらの記事で紹介した本がわかりやすい。

【藤原聖子『世界の教科書でよむ〈宗教〉』

タイトル通りの内容で、世界各国で書く宗教がどのように理解され教えられているのかがわかる。他国との相互理解には欠かせない一冊。

【感想】『論理の哲学』飯田隆編

『知の教科書 論理の哲学 (講談社選書メチエ)』飯田隆編を再読。

最初に読んだのはもう何年も前のことで、当時は分析哲学に興味を持ったばかりだった。そのため諸概念についての理解などが乏しく、読み進めるのに非常に苦労した記憶がある。

今回読み返してみて、さすがにすんなり読み通すことができたので、自分の成長を感じられて少し嬉しいw

知の教科書 論理の哲学 (講談社選書メチエ)
講談社
売り上げランキング: 467325

それはさておき、講談社選書メチエは骨太な内容を扱っているよなというのを改めて感じた。少なくとも、この本は入門書では絶対にないと思う。あるいは、数学や論理学、言語哲学などをある程度学んでいる人が論理学や計算機科学の哲学的背景について入門するときに読む本なんじゃないかなと。

とにかく全くの素人では挫折すると思われる。特に不完全性定理あたりからテーマとしてもとっつきにくくなっているかと。

とはいえ内容としてはかなり頑張っているように思う。このページ数にうまく詰め込んだなぁという印象。

第1章でフレーゲを中心に論理の哲学についての歴史的な概観を与え、続く第2章と第3章では嘘つきのパラドクスとソリテスパラドクスをきちんと解説している。

第4章では「完全性と不完全性」というテーマで、構文論と意味論についての基本的な事柄を易しく解説した後、公理系という考え方を導入し、ペアノ算術からヒルベルト・プログラム、そしてゲーデルの不完全性定理の解説へと進む。不完全性定理の解説は「短く、ある程度厳密に」を意図したのだろうと思われるが、これでわかる人は少数派じゃないかなと思う。

第5章では構成主義数学について、なぜか対話篇で話が進んでいく。この章だけ急に対話篇になって驚いたのは私だけじゃないはず。違和感バリバリなんだけど、そのぶんとっつきやすくはあるかもしれない。

第6章では「論理主義の現在」ということで、新フレーゲ主義について解説がなされている。このテーマについてはそれなりにまとまっているし、かなり見通しが良くなるかと思う。(フレーゲの数学の哲学について、さらに深く掘り進めるのなら、『フレーゲ哲学の最新像―ダメット、パーソンズ、ブーロス、ライト、ルフィーノ、ヘイル、アクゼル、スントホル (双書現代哲学)』がある。この訳者解説部分は、新フレーゲ主義そのものの位置づけを美味く与えているので、一読の価値があるかと。)

第7章では「計算と論理」というテーマで、『カリー=ハワード同型対応』について、解説がされている。論理学と計算機科学の間を架橋する重要な原理として第5章でも言及されているし、ラムダ計算については第8章でも触れられているので、ある意味本書後半の重要テーマといえるかもしれない。しかしその分、とっつきにくさを強く感じるかもしれない。なにしろ、論理に興味があるからここまでついてきていた読者でも、計算にまで興味があるとは限らないから(まあ、それは数学も一緒か)。ただ、内容は丁寧に説明されているので、じっくり読めば理解できると思う。

第8章は自然言語がテーマなのだが、本書後半の章に比べて一気に内容が易しくなっていると思う。不十分という意味ではなくて、言語哲学に既に触れている人間からすればとっつきやすいテーマだからなのかもしれないが。

総じて言えば、テクニカルな部分の説明が薄いのでついていくのに苦労しそうだが、そこを超えられれば、『論理の哲学』の見取り図をうまく与えてくれている良書だと思う。

意味論と構文論(統語論)の違いをざっくり解説

分析哲学系の文献を読んでいて、意味論(semantics)と構文論or統語論(syntax)という用語がしばしば出てくる。言語学ではなく哲学で出てくる。

分析哲学が「言語」を重視して分析する哲学だし、そもそも言語学は哲学からの派生だから当然といえば当然なんだけど。まあ割と重要な概念。

「意味論と構文論(統語論)の違いをざっくり解説」の続きを読む…

反格差デモを考えるための本・新書

反格差デモが世界を席巻していますね。最近の世界情勢はほんと動いてる感があります。

この反格差デモを見て日本では「資本主義」について改めて考えている人も結構出てきているみたいですね。

ただまあ、これは正直当たり前の話だと思います。世界中で格差が発生することがです。

だって、資本主義って「格差を作る」ためのシステムじゃないですか。なんで今更「資本主義は間違っていたのでは」とか言うのでしょうか?

そんなの中学校で教育を受けてればみんな知ってることでしょう。

結局、教育を受けた内容をきちんと振り返ったり、自分の頭でその意味を考えることをしなかったのでしょう。だからこそ、「格差を作る」ことの意味を実感できておらず、いまごろこのニュースにビックリしてるんだろうなと思います。教育のカリキュラムを批判している隙があるなら、せめて習ったことを深く考えてみたらどうかと思いますけどね。

そもそも資本主義は別に唯一絶対のシステムじゃないし、対置されるものに社会主義しか無いわけでもない。

なのに社会主義の崩壊から資本主義が正当化されたかのように感じて、なんか正しいものだと勝手に思い込んでるから「反格差デモ」で動揺するんだろうなと。

ま、現在の格差社会は資本主義の必然的な帰結なので、少なくとも先進国の国民は、単にデモで政府に個別の政策を要求するだけじゃ駄目。もっとラディカルに根本たる資本主義について考え、変更していかなければならない。じゃなきゃ、格差はなくなりませんし、これからも開く一方ですよ。

もちろん、そういう格差を放置するのも一つの手段です。先進国の負債を発展途上国に押し付け続けるというのも、一つの選択肢ではあるかもしれません。

ただまあ、そういう極端な選択を行う前に、本でも読んでじっくり考えてみましょう。

というのが、今日の記事の導入ですw

「反格差デモを考えるための本・新書」の続きを読む…

『3×3EYES まったり日常編 3×3DAYS』が掲載

『3×3EYES(サザンアイズ) まったり日常編 3×3DAYS』という読み切りがしばらくぶりにヤンマガに掲載されました。

※これは文庫版最終巻に収録されています。

3×3EYES(24)<完> (講談社漫画文庫)
高田 裕三
講談社 (2010-07-09)
売り上げランキング: 141,761

先日月刊ヤングマガジンに3号連続で後日談を掲載してましたが、
それ以来ということになりますね。

サザンアイズは私の青春なので、この読み切りのためだけにヤンマガ買おうと思いますw

反響次第で連載化される可能性もあるそうなので、
読者ハガキ送らないと!

追記:まったり日常編がヤングマガジン海賊版に登場

なお、現在は続編がエブリスタというウェブサイトに掲載されている『ヤングマガジン海賊版』で無料公開されています!

実はこの記事を加筆修正する前は、続編がウェブ上で書かれていることを知らなかったんですよね。加筆修正するために調べたら続編が読めるとわかり、本当に驚きました。

ヤンマガに掲載されたものではない『3×3EYES 外伝』も、同じくヤングマガジン海賊版で読むことができます。無料公開ですよ!

八雲やパイ、三只眼のファンにとって、この続編は必見ですね。

特に早すぎたツンデレ、三只眼は最高ですw

※現在は公開が終了したっぽいです。

続編『3×3EYES 幻獣の森の遭難者』がスタート

驚いたことに、高田裕三先生が描くサザンアイズの正当な続編がスタートしました。

タイトルは『3×3EYES 幻獣の森の遭難者』です。

3×3EYES 幻獣の森の遭難者(1) (ヤンマガKCスペシャル)
3×3EYES 幻獣の森の遭難者(1) (ヤンマガKCスペシャル)

最終回後の世界でパイや八雲がどのように生きてきたのか、その一端が垣間見えます。

それにしても絵柄の変化もありますが、やはり作中での時間経過が気になりますね。

ハーンと綾小路の子供があんなに大きくなっているとは……。

各国政府上層部に八雲が普通に認知されている感じもありますし、なんか本当に時間の流れを感じます。

それにしても八雲の態度がちょっと違っており、なんだか違和感がありますね。どうもこれは伏線にもなっているようですが。

この物語がどういう着地点に行き着くのか、楽しみでなりません。

『3×3EYES 鬼籍の闇の契約者』がスタート

幻獣の森の遭難者が4巻で完結したかと思ったら、新たに『3×3EYES 鬼籍の闇の契約者』がスタートしました。

3×3EYES 鬼籍の闇の契約者(1) (ヤンマガKCスペシャル)
3×3EYES 鬼籍の闇の契約者(1) (ヤンマガKCスペシャル)

なんだかんだ言っても、好きな作品の続きが読める喜びは大きいですね。

しかしこの作品はのっけから不穏な気配がします。

正統派ツンデレ三只眼のファンとして、悲劇的な結末だけは止めてほしいのですが……

『知的財産法入門』(小泉直樹)感想

知的財産法入門』という小泉直樹さんの本を読了したので、その感想です。

本書の特徴、あるいは長所を一言で言えば、予備知識がない人でもスラスラ読めるリーダビリティの高さに尽きますね。

この本を手に取る人が知りたいであろう大まかなことは押さえてあるので、まさに入門書として適切だと思います。

法学関係の入門書は、なぜか細かい条文や要件効果ばかり書く人が多く
本当に知りたいことが見えてこないケースが多いです。

まったくの法律の素人が、細かな条文解釈や要件を求めて新書を購入するでしょうか?

むしろ多くの人は、全体的な見通しを付けるために新書を読むと思います。

それも著者が一定程度の水準を保っており、内容も信頼が置けると推測できることが、岩波新書の入門書を選ぶ理由でしょう。細かい要件効果を確認したいなら、一段高いレベルの教科書に当たりますよ。

その点この本は岩波新書の読者のニーズが分かっていますね。

はっきり言って、新書は細かいことよりもケースや全体像、制度趣旨を中心に
伝えるのが一番だと思います。

それ以上知りたければ、読者は勝手に教科書や概説書をゴリゴリ読みますから。

学習という意味ではざっと全体像把握しておいたほうがゲシュタルト構築しやすく合理的だということを知っておくべきです。

その意味で、この本は知的財産権や関連諸法に興味のある人におすすめできます。

【送料無料】知的財産法入門

【送料無料】知的財産法入門
価格:756円(税込、送料別)

楽天ブックスで買えばポイントつきでお得です(^^)