電子書籍リーダーKOBO GLOを購入した理由は?英語多読者の視点から

最終更新日:2018/11/23

現在のところ、電子書籍リーダー端末といえばAmazonのKindle系列と楽天のKobo系列が2強だと思います。どちらもフロントライトを搭載している読書専用端末なので、目に優しくて長時間の読書に適しています。

しかしながら世間的な認知度やシェアでいえば、間違いなくKoboはKindleの足元にも及びません。そこまで極端な端末機能の差はないと思われるのにです。

一方、私は1年ほど前にKobo Gloという端末を購入しました。Kindleではなく、あえてKoboにしました。そこにはいくつかの理由がありましたが、一番大きかったのは英語多読者としての視点です。

せっかくなのでこうした判断に至った理由をまとめておきます。

「電子書籍リーダーKOBO GLOを購入した理由は?英語多読者の視点から」の続きを読む…

Kobo端末に空きがあるのに容量不足で同期できないときの対処法

先日のことですが、Kobo端末に空きがあるのに容量不足で同期できない、という状況に陥りました。

最初は困って色々と検索したのですが、中々解決法が見つからなくて途方に暮れました。

しかし、試行錯誤の末にどうにかなったので、そのときに行った対処法を備忘録代わりに残しておきます。

「Kobo端末に空きがあるのに容量不足で同期できないときの対処法」の続きを読む…

v-moda crossfade M-80 VMO-HP-000004

『v-moda crossfade M-80 VMO-HP-000004』を注文しました!

v-moda crossfade M-80 VMO-HP-000004
v-moda crossfade M-80 VMO-HP-000004

これは苫米地英人博士が機能音源を聞くときにおすすめだと言っていたヘッドホンですね。

実はドクター苫米地の大ファンで、著書はほぼ全て持ってますし、機能音源も英語用やブレインラーニング、ダ・ヴィンチ脳etc.持ってますし、ワークスDVDも購入しています( ´∀`)

なので、その効果を最大限に発揮させるためにも、おすすめのヘッドホンが欲しかったんです。

ちょっと高いかなと思いましたが、思い切って買っちゃいました( ̄ー ̄)

あとは届くのを待つばかりです。

※届いてからの追記

実際のところどの程度の音の違いがあるのかについて、
私のような素人が判別できるのか不安だったのですが、
届いてから実際に音を居聞いてみたら、違いは素人にも明らかでした。

正直なところ、ちょっと感動しています。

機能音源の他にもいくつかのアーティストの音楽CDを聞いてみましたが、
音がクリアで凄かったです。

いままでダイソーの100円イヤホン使ってただけに、余計にそう思いましたw

これは機能音源の効果を最大限に引き出してくれそうです。

つけ心地もかなり良く、値段が高いだけのことはあるなと感じましたね。

私が購入に踏み切った理由

ヘッドホンに1万円以上費やすのは、
普段それほど音質にこだわっていなかった人にとって
かなり悩むところだと思います。

実際に、私も購入にはかなり躊躇しました。

それだけのお金を払うなら、
苫米地氏の著作をコンプリートしたほうがいいんじゃないかと。

ですが、せっかくダ・ヴィンチ脳特殊音源を購入したわけですし、
どうせなら最高の音質で能力開発を加速させたいと思いました。

ダ・ヴィンチ脳特殊音源だけでも5万円くらいしましたからね。

その効果を最大化できるなら、
ヘッドホン代金くらいたいしたことないと自分に言い聞かせましたw

実際に購入してから数年経過していますが、
壊れずに快適な音を提供してくれてますので、
月額で考えたら微々たるものですね。

いい買い物をしたと思います。

 

GRADO GR10を購入した感想!コスパ的には?

GRADO GR10の魅力にやられますた。

GRADO グラド ムービングアーマチュア密閉型カナルイヤホン GR10 GR10(GRADO)

スペック以上に面白い音を出してくれます。鳴り方が濃いのね。

音場が広くいのでスッキリしていてさわやかさを感じる音です。
このあたりはGRADOらしさが出ていると言っていいんじゃないかと。

また個人的な感想ですが、低音も結構良い感じだと思いますね。
まあ、この辺りは基本的に高音の好きな人間の感想なので、話半分に聞いてくださいw

解像度感も良いですし、同価格帯のイヤホンと比べてもかなり良いものだと思います。
直差しでも特に問題ないですね。

あくまでも個人的な感想ですが、価格以上に満足できるイヤホンだと思いました。
私としてはコスパが高い買い物だったと確信しています。

ちなみに、2chの情報によればGR10のイヤーピースはEQ7と同等だそうです。
参考までに。

まあ、音に関しては個人的な間隔もあるので、
気になる人は実際に試してみれば分かるかと。

GRADO グラド ムービングアーマチュア密閉型カナルイヤホン GR10 GR10(GRADO)

2018年追記

意外なことに、フルで活用しているのにまだまだ現役で壊れていません。

丁寧に使っているという認識もないのですが、
思いの外丈夫にできてたようですね。

さすがに5年以上も使い込んでいると新しいイヤホンが欲しくなってきますが、
せっかくなので壊れるまでは使ってみようかとも思っています。

サブでなにか最新式のものを購入するかもしれませんが、
そのときにはこのブログでレビューしてみます。

それにしてもこれだけ長期間壊れずに活躍してくれるのであれば、
やっぱりコスパ抜群という感想は正しかったなー。

追記その2

今日本版Amazonの価格を確認したところ、
プレミアでもついたのかえらい値段になっていますね。

7万円オーバーって高騰し過ぎにも程があるでしょうに。

さすがにこの価格ではコスパ抜群とは言えないかもしれません。

まあ、私が購入した時点ではこんなバカげた価格ではなかったので、
そこは割引いてレビューを読んでいただければと思います。

つか、こんな値段で出品して、誰が買うんだろうか?