ウィトゲンシュタインの伝記や評伝を個人的にまとめてみた

先日ふと思い立ったので、ウィトゲンシュタインの著作や解説書以外の本、伝記や評伝をまとめてみることにしました。

しかしいざ調べ始めると、さすがに人気のある哲学者だけあって、タイトルに「ウィトゲンシュタイン」と入っているものだけでも大量に出てきます。ちょっと検索かけただけでもこれですから、文献目録みたいなものになるとどれだけ大量のリストになるのか想像もつきません。

一気にやる気がなくりましたが、抜け漏れがあることを前提に備忘録がわりにメモしておきます。素人が適当に気になった本をまとめただけの糞記事です。

なお、本人の著作なんかは面倒なのでスルーします。

「ウィトゲンシュタインの伝記や評伝を個人的にまとめてみた」の続きを読む…

【感想】羽地亮訳、ウィトゲンシュタイン『原因と結果:哲学』

羽地亮訳のウィトゲンシュタイン『原因と結果:哲学』(晃洋書房)を読了。本書は本邦初訳のテキストだとのこと。

翻訳者は羽地亮先生。この方は京都大学に「ウィトゲンシュタインにおける心と言語の哲学」という博士論文を提出しているウィトゲンシュタインの研究者。調べてみたところ、翻訳も含めて著書はこれが初のようだ。他に「ウィトゲンシュタインの哲学観」という小論も書かれており、これはウェブ上で読める。

「【感想】羽地亮訳、ウィトゲンシュタイン『原因と結果:哲学』」の続きを読む…