松本曜『認知意味論』他[書評]

これを書評と呼ぶのは微妙だけど、まあ読書メモのようなものだと思って欲しい。自分用のメモ。

・松本曜『認知意味論(シリーズ認知言語学入門 第3巻)』(大修館書店)
認知意味論の一つ一つの理論を丁寧に解説してくれている。記述もわかりやすいので予備知識がない人でも理解できるだろう。というか、実際に私が予備知識のない人間だったので、かなり参考になった。日本語で認知意味論について標準的なまとまった記述のある本は少ないように思うので(もっとも、私の探し方が悪い可能性も十分にあるが)、本書にはとても助けられた。

・阿部謹也『自分のなかに歴史をよむ』(ちくま文庫)
阿部謹也先生の自伝にプラスして、西洋中世史の勘所のようなものを説明している。西洋中世史を、大宇宙と小宇宙という二つの宇宙観の関係から鮮やかに読み解いていて面白い。この視点が面白かったら他の著書に進むのが良さそう。著者の自伝的な部分も面白い。自分の体験が学問に反映されているのがよくわかる。
入門的な本なのか予備知識がなくても結構とっつきやすいのではないだろうか。

・オリヴァー・サックス『火星の人類学者』(ハヤカワ文庫 NF)
人間とは何かという問題に直接関わってくる。さらに、刑法などの法的責任判断において重要な意味を持つ「人格」概念についても、有益な示唆を与えてくれるように思う。特に、火星の人類学者で述べられているのは、行動面では禁止などの法的ルールによって制御されうるが、しかし他者への心などを理解できず苦しんでいる人間の姿だからだ。刑法の目的や機能を論ずる際に、こういった人間の本質についての事実に即した理解が必要なのではないか。
人間の認知についての興味深い事例を読もうと思い、軽い気持ちで手にとった本書だが、その内容は非常に深い。万人が読むべき良書だと思う。

土屋賢二『哲学者にならない方法』 読書感想

土屋賢二『哲学者にならない方法』(東京書籍)を読んだが、相変わらず語り口が最高に面白い。ツチヤ教授のエッセイは立ち読みでつまみ食い的に読んで済ませていたんだけど、毎回笑いを堪えるのが大変だった。まあ、だったら買えよって話だけど、数少ない哲学的な著作は持ってるので勘弁してもらいたい。

というか、この哲学書よりもエッセイの数のほうが多いような方が、なぜ哲学を始めたのかということに前々から興味があったので、この自伝的エッセイは非常に興味深く読めた。学生時代の寮生活の凄まじさとか、時代は違えど共感できる部分もかなりある。大学生になって、自己責任で何をしてもよくなったときの衝撃といったらなかったわ。

まあ管理人の自分語りはともかく、ツチヤ教授が音楽やミステリやドストエフスキーについて自分が感動した理由をひたすら分析するくだりをみて、やっぱりこういう執拗な追求ができる人こそ研究者にふさわしいよなと感心した。

印象深かった部分を引用。

「わたしが販売員の口上やミステリやマジックを好むのは、自分が想像する以上の可能性があることを知らされたときの驚きと快感のためだ。自分の限界を思い知らされるのがなぜそんなに嬉しいのかと言われるかもしれないが、この世界に自分の考えが及ばない未知の可能性が隠れていることほど心躍ることはない。思いもよらぬ可能性が隠れていればイルほど、また、隠れている可能性が想像を絶するものであればあるほど、この先、どんな可能性が待ち受けているのかと胸がときめくではないか。」

「どんな学問も、謎を解明しようとする。なぜ謎だと思うのか。それはどんな可能性を考えても説明できないと思うからだ。長年の研究の末に、自分が見逃していた可能性がこの世界に成り立っていることに気づくと、飛び上がるほどの喜びを味わうことができる。この喜びは、販売員の口上やマジックやミステリから得られる快感と同じものだ。だから学術書を読んでも、これらと同じ快感を味わうことがある。」

こういったツチヤ教授の考えには全力で賛同する。今の自分の想像限界を超えた可能性ほど素晴らしい物はない。未知に対する好奇心こそ何よりも尊重すべきことだと思う。そしてこれを満たせるのなら、ミステリーだろうと学術書だろうと本質的に差異はないと思う。言い換えれば、一流の学術書や論文は一流のエンターテイメント作品に勝るとも劣らないほど面白いのだ。

哲学者にならない方法

【哲学関連記事】

>> 富田恭彦のバークリーに対する批判【哲学読書メモ】

『決着!恐竜絶滅論争』後藤和久

後藤和久『決着!恐竜絶滅論争』(岩波科学ライブラリー)を読み終わりました。某ブログの書評で良い感じだったので読んでみたのですが、期待通り面白かったです。

決着! 恐竜絶滅論争 (岩波科学ライブラリー)
決着! 恐竜絶滅論争 (岩波科学ライブラリー)

本書は、恐竜絶滅の原因について、論争の過程と学会で決着がついた内容とを一般向けに紹介するものです。本書が生まれた背景には、2010年に発表された一本の論文があります。
この論文は地質学者や堆積学、古生物学、地球物理学、地球化学、惑星科学などの、専門を異にする41人の研究者たち(本書の著者を含む)の連名で発表されました。その内容は、恐竜絶滅の原因について学会で定説となっている「衝突説」の内容と根拠、反対説では説明できない点について述べたもので、マスメディアや一般の人にもわかりやすいよう配慮されています。

とはいえ、この論文はこれまでの議論の総まとめのようなものです。いったいなぜこのような論文を発表する必要があったのでしょうか?

本書はこの論文の内容と、論文を発表する必要が生じた背景について、予備知識のない日本の読者に向けて紹介するものです。
「衝突説」の根拠となるデータ、なぜそのデータが根拠となるのかの説明、反対説の不十分性などが予備知識のない人間でもわかるように要領よくまとめられています。まさに論争の決定版という感じで信頼できます。

さらに、類書にはない長所としては、論文発表の背景にあった学会での論争史にも触れられていることです。新たな証拠によって衝突説が徐々に支持者を増やしていく様子や、反対説がどんどん苦しい立場に追いやられている様子がよくわかります。

個人的に、反対説論者の主張の背景に、他の時期の絶滅原因も一括して説明したいという恐竜絶滅原因とは別の動機も混ざっているのではないかという指摘には説得力を感じました。議論をしていると、別の論点が混入してきてしまうことは多々ありますからね。

それにしても、ドラえもんの映画(竜の騎士)を子どもの頃に見て以来、恐竜絶滅の原因なんてとっくに衝突説で決着済みだと思っていました。当時はまだ、決定的な証拠であるクレーターが見つかっていなかったのだから、この思い込みは危険なものだったわけですが(^_^;)

あと衝撃的だったのが、学会の査読を通過できないからといって、インターネットを通じて自説を展開し、マスコミに働きかける反対説論者の戦略。インテリジェントデザイン説みたいですね。学問じゃなくて、政治的運動ですよ。
我々もイメージだけで判断しないよう、注意しなければなりませんね。

岡部勉『合理的とはどういうことか 愚かさと弱さの哲学』

『合理的とはどういうことか 愚かさと弱さの哲学』(講談社選書メチエ)を読了。

合理的とはどういうことか (講談社選書メチエ)
合理的とはどういうことか (講談社選書メチエ)

著者の岡部勉は現在熊本大学文学部教授を務めているそうで、
他の著書に『行為と価値の哲学』があるとのこと。

一般書だからなのか、「と思う」ばかりで必ずしも根拠が示されていない主張も多く。
その点がかなり気になるところ。

特に専門家とアマチュア、専門性と一般性を対置させるかのような記述は、
ほとんど説得力がないように感じられた。

専門家の仕事が不合理であるなら、それは批判されるべきことであって、
つまり専門家の仕事は合理的であるべきだということになるはずだ。

仮に本書のように合理性を一般人の納得という意味で使うとしても、
専門家の仕事を合理的なものであるべきだと考えることの障害にはならない。

専門知識というものは説明すれば一般人でも納得できるものであるはずだ。

さもなければ、専門知識を教えることができなくなり、専門家は絶滅するだろう。
なぜなら、専門家になるのはそれまで一般人だった人々だからだ。

それとも、専門家になるような人間は生得的な要因が一般人とは違う、
などというのだろうか? そうではないだろう。

いわゆるプロの専門家ではなくても、専門的な説明を理解したり、
順序立てて説明されれば納得することができる人は大勢いる

つまり、専門家と素人の差は、著者が考えているほど大きくないと思われる。

じゃあ専門家がやっていることは何かというと、
合理性が社会的な要求であるとして、
その要求の基準を上げることではないかと思う。

「より合理的」な説明を与えることで知識の変革を促す。
これではないのか。

だからこそ、単なる社会通念を破壊する主張と専門的な主張が区別される。

それこそ不合理な主張であっても人々が受容すれば通念変更はありうるが、
不合理な主張が専門的であるというのは明らかに奇妙だ

とはいえ、色々と考えさせられた点で有益な本だとは思うし、
合理性そのものについての哲学的な思索というのは日本語だと類書がほぼ無い。

故に、このテーマに興味がある人は一読の価値があると思う。

>> 合理的とはどういうことか (講談社選書メチエ)

追記

最近は合理性に関する著作が色々と増えてきている気がする。

合理性の逆向きである「不合理性」をテーマにした書籍も出ており興味深い。

このテーマについて、じっくり読んで考えてみるのも良いかもしれない。

【関連記事】

【感想】『論理の哲学』飯田隆編