【感想】『論理の哲学』飯田隆編

『知の教科書 論理の哲学 (講談社選書メチエ)』飯田隆編を再読。

最初に読んだのはもう何年も前のことで、当時は分析哲学に興味を持ったばかりだった。そのため諸概念についての理解などが乏しく、読み進めるのに非常に苦労した記憶がある。

今回読み返してみて、さすがにすんなり読み通すことができたので、自分の成長を感じられて少し嬉しいw

知の教科書 論理の哲学 (講談社選書メチエ)
講談社
売り上げランキング: 467325

それはさておき、講談社選書メチエは骨太な内容を扱っているよなというのを改めて感じた。少なくとも、この本は入門書では絶対にないと思う。あるいは、数学や論理学、言語哲学などをある程度学んでいる人が論理学や計算機科学の哲学的背景について入門するときに読む本なんじゃないかなと。

とにかく全くの素人では挫折すると思われる。特に不完全性定理あたりからテーマとしてもとっつきにくくなっているかと。

とはいえ内容としてはかなり頑張っているように思う。このページ数にうまく詰め込んだなぁという印象。

第1章でフレーゲを中心に論理の哲学についての歴史的な概観を与え、続く第2章と第3章では嘘つきのパラドクスとソリテスパラドクスをきちんと解説している。

第4章では「完全性と不完全性」というテーマで、構文論と意味論についての基本的な事柄を易しく解説した後、公理系という考え方を導入し、ペアノ算術からヒルベルト・プログラム、そしてゲーデルの不完全性定理の解説へと進む。不完全性定理の解説は「短く、ある程度厳密に」を意図したのだろうと思われるが、これでわかる人は少数派じゃないかなと思う。

第5章では構成主義数学について、なぜか対話篇で話が進んでいく。この章だけ急に対話篇になって驚いたのは私だけじゃないはず。違和感バリバリなんだけど、そのぶんとっつきやすくはあるかもしれない。

第6章では「論理主義の現在」ということで、新フレーゲ主義について解説がなされている。このテーマについてはそれなりにまとまっているし、かなり見通しが良くなるかと思う。(フレーゲの数学の哲学について、さらに深く掘り進めるのなら、『フレーゲ哲学の最新像―ダメット、パーソンズ、ブーロス、ライト、ルフィーノ、ヘイル、アクゼル、スントホル (双書現代哲学)』がある。この訳者解説部分は、新フレーゲ主義そのものの位置づけを美味く与えているので、一読の価値があるかと。)

第7章では「計算と論理」というテーマで、『カリー=ハワード同型対応』について、解説がされている。論理学と計算機科学の間を架橋する重要な原理として第5章でも言及されているし、ラムダ計算については第8章でも触れられているので、ある意味本書後半の重要テーマといえるかもしれない。しかしその分、とっつきにくさを強く感じるかもしれない。なにしろ、論理に興味があるからここまでついてきていた読者でも、計算にまで興味があるとは限らないから(まあ、それは数学も一緒か)。ただ、内容は丁寧に説明されているので、じっくり読めば理解できると思う。

第8章は自然言語がテーマなのだが、本書後半の章に比べて一気に内容が易しくなっていると思う。不十分という意味ではなくて、言語哲学に既に触れている人間からすればとっつきやすいテーマだからなのかもしれないが。

総じて言えば、テクニカルな部分の説明が薄いのでついていくのに苦労しそうだが、そこを超えられれば、『論理の哲学』の見取り図をうまく与えてくれている良書だと思う。

円建て国債が増えても日本は破綻しない

円建て国債が増えても日本は破綻しないよ。

どうもマスコミは意図的にこの事実をねじ曲げて報道しているみたいだけど、
そもそも「家計」と「国家財政」のアナロジーは成り立ちません。

なぜなら、国家の借金の場合は、国民から借金するケースと、
外国から借金するケースがあるからです。

もしこれが外国からの借金だとすると、たしかに家計とのアナロジーは成り立ち得ます。

しかし、国民から借金しているというのは、要するに家庭内のお金を使う権限を
どこに集中するかというだけの問題なので、そこに破産なんて事態は存在しないのです。

それに、日本の国債は円建てで国民が引き受けているようなものです。

円建てということは、日本の場合通貨発行権が国家の管理下にあるわけですから、
必要になれば円を刷ればいくらでも返済できます。

もちろん、円を刷っても国内に存在する本当の資産の量は変わりませんから、
対ドルなどで円安が起こります。

しかし、先に述べたように、この借金は日本国内で閉じた問題なので、
国家の借金は刷った円で解消できますし、それで問題ないのですね。

もちろん、日本にそれを裏付けるだけの資産がなければ問題ですが、
それだけの資産は存在しているのですよ。
だから投資家がリスクを嫌ったら円を買うわけですし。

しかも、今の円高が本当に問題なのであれば、
国内の円の流通量が増えて円安が起こるのなら万々歳でしょう。

こういうとハイパーインフレが云々と言い出すエセ経済人がいますけど、
インフレというのは程度のある概念です。

つまり、刷る円の量でインフレの程度は抑制できるわけですよ。

なんでハイパーインフレになるまで刷るか、刷らないかの二択なんですかね?
(まあ、刷る=借金全額返済出来るだけ刷るだとしたら、そういう懸念もわかりますけど。
ただ、現状認識としては、全額刷ってもそこまでインフレ化するかなという気はします。
だって、米国債買ってる分は一応資産だし、年金はほぼフリーハンドで使える資産だし(^_^;))

まあ、この記事ではかなり単純化してますけど、
原理的にはこういうことですよ。

円建て国債が増えても日本は破綻しません。

家庭内で使える肩たたき券をいくら刷っても、
家計が崩壊しないのと一緒w

意味論と構文論(統語論)の違いをざっくり解説

分析哲学系の文献を読んでいて、意味論(semantics)と構文論or統語論(syntax)という用語がしばしば出てくる。言語学ではなく哲学で出てくる。

分析哲学が「言語」を重視して分析する哲学だし、そもそも言語学は哲学からの派生だから当然といえば当然なんだけど。まあ割と重要な概念。

「意味論と構文論(統語論)の違いをざっくり解説」の続きを読む…

Do a barrel roll 意味

Do a barrel rollの意味が気になってる人が多いみたいですね。

このブログにもこの検索キーワードで訪問する人が増えています。

これは直訳すると、「樽を転がせ」
つまり「横回転させろ」ってくらいの意味。

んで、Googleで「do a barrel roll」と検索すると、
ちゃんと命令通りに検索画面がぐるりと回転してくれますw

Googleの遊び心はいいねw

ちなみに、4chanのスラングと言うか、
大量増殖した謎のMADも「do a barrel roll」って呼ばれてます。

日本のネットでいうところの、「らんらんるー」みたいなもんですw

元ネタはスターフォックスらしいですが、
私はスターフォックスやったことがないのでよくわかりません。

それにしてもこういうネットスラングみたいなものって
急に流行るから訳がわからなくなりますよね~。

突然検索数が増えても困ってしまいますよ。

WP Social Bookmarking Lightってどんなプラグイン?メリットとデメリットを解説

このブログの記事下に『WP Social Bookmarking Light』というワードプレスのプラグインを設置しました。

せっかく導入したわけですし、このプラグインが一体どんなものなのか。どんなメリットが有るのか。逆にデメリットはないのか。といったことについて、簡単にコメントしてみようと思います。

「WP Social Bookmarking Lightってどんなプラグイン?メリットとデメリットを解説」の続きを読む…

反格差デモを考えるための本・新書

反格差デモが世界を席巻していますね。最近の世界情勢はほんと動いてる感があります。

この反格差デモを見て日本では「資本主義」について改めて考えている人も結構出てきているみたいですね。

ただまあ、これは正直当たり前の話だと思います。世界中で格差が発生することがです。

だって、資本主義って「格差を作る」ためのシステムじゃないですか。なんで今更「資本主義は間違っていたのでは」とか言うのでしょうか?

そんなの中学校で教育を受けてればみんな知ってることでしょう。

結局、教育を受けた内容をきちんと振り返ったり、自分の頭でその意味を考えることをしなかったのでしょう。だからこそ、「格差を作る」ことの意味を実感できておらず、いまごろこのニュースにビックリしてるんだろうなと思います。教育のカリキュラムを批判している隙があるなら、せめて習ったことを深く考えてみたらどうかと思いますけどね。

そもそも資本主義は別に唯一絶対のシステムじゃないし、対置されるものに社会主義しか無いわけでもない。

なのに社会主義の崩壊から資本主義が正当化されたかのように感じて、なんか正しいものだと勝手に思い込んでるから「反格差デモ」で動揺するんだろうなと。

ま、現在の格差社会は資本主義の必然的な帰結なので、少なくとも先進国の国民は、単にデモで政府に個別の政策を要求するだけじゃ駄目。もっとラディカルに根本たる資本主義について考え、変更していかなければならない。じゃなきゃ、格差はなくなりませんし、これからも開く一方ですよ。

もちろん、そういう格差を放置するのも一つの手段です。先進国の負債を発展途上国に押し付け続けるというのも、一つの選択肢ではあるかもしれません。

ただまあ、そういう極端な選択を行う前に、本でも読んでじっくり考えてみましょう。

というのが、今日の記事の導入ですw

「反格差デモを考えるための本・新書」の続きを読む…

GRADO GR10を購入した感想!コスパ的には?

GRADO GR10の魅力にやられますた。

GRADO グラド ムービングアーマチュア密閉型カナルイヤホン GR10 GR10(GRADO)

スペック以上に面白い音を出してくれます。鳴り方が濃いのね。

音場が広くいのでスッキリしていてさわやかさを感じる音です。
このあたりはGRADOらしさが出ていると言っていいんじゃないかと。

また個人的な感想ですが、低音も結構良い感じだと思いますね。
まあ、この辺りは基本的に高音の好きな人間の感想なので、話半分に聞いてくださいw

解像度感も良いですし、同価格帯のイヤホンと比べてもかなり良いものだと思います。
直差しでも特に問題ないですね。

あくまでも個人的な感想ですが、価格以上に満足できるイヤホンだと思いました。
私としてはコスパが高い買い物だったと確信しています。

ちなみに、2chの情報によればGR10のイヤーピースはEQ7と同等だそうです。
参考までに。

まあ、音に関しては個人的な間隔もあるので、
気になる人は実際に試してみれば分かるかと。

GRADO グラド ムービングアーマチュア密閉型カナルイヤホン GR10 GR10(GRADO)

2018年追記

意外なことに、フルで活用しているのにまだまだ現役で壊れていません。

丁寧に使っているという認識もないのですが、
思いの外丈夫にできてたようですね。

さすがに5年以上も使い込んでいると新しいイヤホンが欲しくなってきますが、
せっかくなので壊れるまでは使ってみようかとも思っています。

サブでなにか最新式のものを購入するかもしれませんが、
そのときにはこのブログでレビューしてみます。

それにしてもこれだけ長期間壊れずに活躍してくれるのであれば、
やっぱりコスパ抜群という感想は正しかったなー。

追記その2

今日本版Amazonの価格を確認したところ、
プレミアでもついたのかえらい値段になっていますね。

7万円オーバーって高騰し過ぎにも程があるでしょうに。

さすがにこの価格ではコスパ抜群とは言えないかもしれません。

まあ、私が購入した時点ではこんなバカげた価格ではなかったので、
そこは割引いてレビューを読んでいただければと思います。

つか、こんな値段で出品して、誰が買うんだろうか?

『3×3EYES まったり日常編 3×3DAYS』が掲載

『3×3EYES(サザンアイズ) まったり日常編 3×3DAYS』という読み切りがしばらくぶりにヤンマガに掲載されました。

※これは文庫版最終巻に収録されています。

3×3EYES(24)<完> (講談社漫画文庫)
高田 裕三
講談社 (2010-07-09)
売り上げランキング: 141,761

先日月刊ヤングマガジンに3号連続で後日談を掲載してましたが、
それ以来ということになりますね。

サザンアイズは私の青春なので、この読み切りのためだけにヤンマガ買おうと思いますw

反響次第で連載化される可能性もあるそうなので、
読者ハガキ送らないと!

追記:まったり日常編がヤングマガジン海賊版に登場

なお、現在は続編がエブリスタというウェブサイトに掲載されている『ヤングマガジン海賊版』で無料公開されています!

実はこの記事を加筆修正する前は、続編がウェブ上で書かれていることを知らなかったんですよね。加筆修正するために調べたら続編が読めるとわかり、本当に驚きました。

ヤンマガに掲載されたものではない『3×3EYES 外伝』も、同じくヤングマガジン海賊版で読むことができます。無料公開ですよ!

八雲やパイ、三只眼のファンにとって、この続編は必見ですね。

特に早すぎたツンデレ、三只眼は最高ですw

※現在は公開が終了したっぽいです。

続編『3×3EYES 幻獣の森の遭難者』がスタート

驚いたことに、高田裕三先生が描くサザンアイズの正当な続編がスタートしました。

タイトルは『3×3EYES 幻獣の森の遭難者』です。

3×3EYES 幻獣の森の遭難者(1) (ヤンマガKCスペシャル)
3×3EYES 幻獣の森の遭難者(1) (ヤンマガKCスペシャル)

最終回後の世界でパイや八雲がどのように生きてきたのか、その一端が垣間見えます。

それにしても絵柄の変化もありますが、やはり作中での時間経過が気になりますね。

ハーンと綾小路の子供があんなに大きくなっているとは……。

各国政府上層部に八雲が普通に認知されている感じもありますし、なんか本当に時間の流れを感じます。

それにしても八雲の態度がちょっと違っており、なんだか違和感がありますね。どうもこれは伏線にもなっているようですが。

この物語がどういう着地点に行き着くのか、楽しみでなりません。

『3×3EYES 鬼籍の闇の契約者』がスタート

幻獣の森の遭難者が4巻で完結したかと思ったら、新たに『3×3EYES 鬼籍の闇の契約者』がスタートしました。

3×3EYES 鬼籍の闇の契約者(1) (ヤンマガKCスペシャル)
3×3EYES 鬼籍の闇の契約者(1) (ヤンマガKCスペシャル)

なんだかんだ言っても、好きな作品の続きが読める喜びは大きいですね。

しかしこの作品はのっけから不穏な気配がします。

正統派ツンデレ三只眼のファンとして、悲劇的な結末だけは止めてほしいのですが……

『知的財産法入門』(小泉直樹)感想

知的財産法入門』という小泉直樹さんの本を読了したので、その感想です。

本書の特徴、あるいは長所を一言で言えば、予備知識がない人でもスラスラ読めるリーダビリティの高さに尽きますね。

この本を手に取る人が知りたいであろう大まかなことは押さえてあるので、まさに入門書として適切だと思います。

法学関係の入門書は、なぜか細かい条文や要件効果ばかり書く人が多く
本当に知りたいことが見えてこないケースが多いです。

まったくの法律の素人が、細かな条文解釈や要件を求めて新書を購入するでしょうか?

むしろ多くの人は、全体的な見通しを付けるために新書を読むと思います。

それも著者が一定程度の水準を保っており、内容も信頼が置けると推測できることが、岩波新書の入門書を選ぶ理由でしょう。細かい要件効果を確認したいなら、一段高いレベルの教科書に当たりますよ。

その点この本は岩波新書の読者のニーズが分かっていますね。

はっきり言って、新書は細かいことよりもケースや全体像、制度趣旨を中心に
伝えるのが一番だと思います。

それ以上知りたければ、読者は勝手に教科書や概説書をゴリゴリ読みますから。

学習という意味ではざっと全体像把握しておいたほうがゲシュタルト構築しやすく合理的だということを知っておくべきです。

その意味で、この本は知的財産権や関連諸法に興味のある人におすすめできます。

【送料無料】知的財産法入門

【送料無料】知的財産法入門
価格:756円(税込、送料別)

楽天ブックスで買えばポイントつきでお得です(^^)

チェーンメールの問題点とは?危険性と対処法を知るべき

最終更新日:2018/11/23

東日本大震災のときにチェーンメールが大きな問題になりました。それから大きな災害が起こるたびに、不謹慎だったり内容が間違っているチェーンメールが世に出回るという事態が発生しています。

この問題の根が深いのは、社会的なダメージが大きいにもかかわらず、チェーンメールを回している末端構成員にはまったく危険性の自覚がないことです。それどころか善意でやっている者さえ存在します。

この状況は明らかにまずいです。社会にダメージを与えている自覚がないままに行動されるのは迷惑極まりないですし、本人にとっても良いことではありません。そこでチェーンメールの何が問題なのかを改めて整理してみます。

「チェーンメールの問題点とは?危険性と対処法を知るべき」の続きを読む…